スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクステリアの美学

エクステリアについていろんな検索エンジンを駆使して調べましたよ。情報は手元にたっぷりです。難しくは考えずに、まずは気軽に学んでいってくれればうれしいです。

www.ahcof.cnの[retyrey4564.]
www.bjamh.comの[dsf645gf.]


Q庭のエクステリアに悩んでいます。玄関から庭へと続く通路部分の雑草がひどく何とかしたいのです。長さは10m程が建物に沿ってコノ字になっています。まずは防草シートを敷くつもりです。それだけでは見栄えが悪いので、ウッドチップやタイルを敷いたほうがいいかと思っているのですが、あまりお金と手間をかけず、メンテナンスも楽な方法があれば教えて頂きたいです。あと、小さい子供もいるので、安全性も重要視したいのです。よろしくお願いします。
A他の方が、ブロックの貼り方の説明をしてあるのですが、下地はモルタルの粉をまくと、コストが嵩みます。ですから、砂3:モルタル1くらいの割合で空練してから敷いたほうが、良いですし、通常は、バサといいますが、多少水を入れます。(でないと粉が舞い上がって大変です)あと、どの程度の住宅地かわかりませんが、安全に除草するならば、一番良いのは、バーナーで焼いてしまうことです。つまり、ウッドチップや、枕木、注入材などを使って庭づくりをすると、この方法では除草できなくなります。土壌の消毒(虫が湧いた、etc)にも大変効果がある方法です。ただ、バーナーは結構な音が出ます(ゴーという騒音)し、合法なのですが、一部の頭のおかしい住民が煙が出るとか、環境に悪いとか、イチャモンを付けてくることもあります。ですので、そういうリスクはあります。もし、コンクリートブロックや、インターロッキング、あるいは、レンガなどを敷いた場合、やはり下地の施工が大切です。人間が歩く程度でも、やはり、t=100mm位の施工は最低必要ではないでしょうか?幅を仮に1m、奥行きを10m、厚みを10cmとしますと、1m3程度は必要になりますし、また、このことは、残土(砂利を敷く分土をすき取らなければなりません)がそれ以上に(掘るとすごく増える)発生します。密度は、2.5くらいですから、3トンくらいの重量がある、ということです。こういう作業に使う、「ユンボ」といいますが、いわゆるパワーショベル、これがないと、本当にかなりに重労働ですよ。もっとも一般的に使われるのが、コンマ1というサイズで、重量は3t、車幅は1.5mあり、軽トラックとほぼ同じ大きさになります。これが侵入できないようですと、もっと小さな機械をつかいます。下地は、だいたい1日で終る作業でしょう。3tダンプ、3tユンボ、砕石1m3、残土2m3。ダンプ7000円、保険1000円、燃料1000円。ユンボ7000円、保険1000円、燃料3000円。砕石3000円。残土5000円。砂10000円。プレート5000円。普通作業員3人。@12000x2=36000円。原価、71000円。経費30%で、約10万。上のレンガやタイルなどは、ものにより変動しますけど、20万円位。だいたい、30万円位でやってくれると思います。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

YKK AP、エクステリアデザイン施工フォトコンテスト表彰式 - 新建ハウジング

YKK AP、エクステリアデザイン施工フォトコンテスト表彰式
新建ハウジング
YKK AP(東京都千代田区)は10月7日、第1回「エクステリアデザイン施工フォトコンテスト」の表彰式を都内にある第一ホテル東京シーフォートで開催した。 同コンテストは、今年3月~6月末まで作品を募集。全国からの応募623作品のうち、8部門49作品が受賞 ...



軽自動車は危険すぎませんか
事故のときは 折り紙でできているのではと思うほど くちゃくちゃになることもあります。軽量化とか燃費効率もいいですが 死んでしまっては。 小型車よりかなり小さいエンジンで 同じ5人.


エクステリア&ガーデンデザイン 施工例 office Takei




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。