スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクステリアが見せる新たな世界

エクステリアについての話を最近よく耳にします。今更ながら気になってきたエクステリア・・・。今日はこれについてあつく語ろうと思います。

研究!データセンターセキュリティ


Q今度の新型クラウンはエンジンもシャーシーも先代型と全く同じって本当ですか?つまり変わったのはエクステリアとインテリアだけ、中身は同じってことらしい。トヨタ商法っていうのでしょうか?本当ですか?
Aシャシーは二代前の18ゼロクラウン、先代の20クラウンと同じですね。かなりコストをかけて開発したトヨタNプラットホームですから、レクサスGSが新設計シャシーに移行した後も、クラウンには継続して採用されましたね。駆動系は、ミッションは、2.5L用6ATのみキャリーオーバー、エンジンもV6系は3.5L、2.5Lともリファインはされていますが同一の部品です。完全新設計はハイブリッドのみです。(後にIS300hにも積まれるエンジン)これを「中身は同じトヨタ商法」と言ってしまうと、世界中の自動車メーカーがトヨタ商法になってしまいます。一般的にトヨタ商法とは、徹底したコストカットのことを言い、そのコストカットにより設計された車を80点主義と揶揄されたこともありました。初代LS400で、レクサスブランドではこのコストカット主義を緩和しLEXUS MUSTという独自品質基準を設けたことで、(性能はともかく)品質は欧米のメーカーを凌ぐようになりましたので、最近はトヨタの車作りを80点主義と貶す評論家はいなくなりました。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

「エクステリア・エキジビション2013」4月12日・13日開催 - インテリアビジネスニュース

エクステリア・エキジビション2013」4月12日・13日開催
インテリアビジネスニュース
庭から始まるエコライフ~」を開催テーマに、エクステリアの世界そのものが省エネであり、エコライフであるという点を訴求しながら、関連製品を展開する。エクステリア関連イベントであるが、前回はインテリア部分も含めたトータル展示が数多くみられるなど、インテリア業界関係者 ...
日本最大級エクステリア総合展示会、各社が庭のシーン提案新建ハウジング
エクステリア・エキシビジョン2013 4月12日から建通新聞

all 3 news articles »


新車の選び方 ー雪国ー
今年2013年、車を買おうと思っている社会人です。 住まいは雪国です。通勤は車です。 今、候補に考えているのはレガシィ(ツーリングワゴン)ですが、今買うタイミングなのか悩んでいます..


エクステリアデザイン ボルボ V60 2011年




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。